特等級比賽茶 凍頂烏龍茶〔 Champion Grade Dong Ding Oolong Competition Tea特級競技用凍頂烏龍茶〕

NT$900

Dong Ding Oolong Tea 茶中之聖,台灣最著名的烏龍茶,每盒內裝6包真空包裝,每包8公克茶葉

凍頂做出的烏龍茶,滋味甘醇濃郁,有明顯的焙火香氣,喉韻回甘強烈,這讓凍頂烏龍有了「台灣茶中之聖」的美譽,也成為優良烏龍茶的代表。

比賽茶
所有的比賽茶皆來自於茶農或茶商所精製過的茶葉。台灣比賽茶通常一年只有舉辦兩次,春季與冬季,於特定日期由地區農會與茶業改良場的專家合作擔任主辦評鑑單位,挑選出質優的前數名茶葉進行評鑑分級 ,第一名的茶葉統稱[特等獎]。 為了爭取好的名次,比賽茶從茶葉的生長環境,摘採時機,摘採方式,茶葉製程到後製的揀支,培火。 整個過程都以最嚴謹,最高標準處理, 比賽茶是品質最好的茶葉

 

.台湾で最も有名なウーロン茶。各箱には 10 袋の真空パックが入っており、各袋には 8 グラムのお茶が入っています。

凍頂産の烏龍茶は、甘味が豊かでコクのある味わいが特徴で、明瞭な焙煎香があり、強く残る喉越しの良い余韻があります。そのため、「台湾茶の聖杯」と呼ばれ、高品質の烏龍茶の代表として認められています。

競技用のお茶

台湾において、最高品質のお茶を選ぶ競技用の選考会は、春と冬の両シーズンに毎年開催されます。地元の農業協会や茶の精製機関のお茶の専門家が協力して、数千のお茶のサンプルを綿密に評価し、最も優れたものを特別な栄誉である「特別大賞」または「チャンピオンティー」の称号で表彰します。この称号は、お茶の製造における最高の卓越性能を表しています。このような認知と名誉を得るためには、お茶の製造プロセスは厳格で妥協のない品質と精度の基準に従う必要があります。その結果、競技用の選考会で選ばれたお茶は台湾茶業界の最高峰として広く認知されており、優れたお茶の職人技の極致を象徴しています。

 

滋味:喉韻醇厚、持久濃鬱的回甘まろやかな喉韻、長く続く豊かな後味
香氣:熟果香熟した果実の香り
茶湯:金黃透亮ゴールデンクリアと半透明

 

已售完

「凍頂」為台灣南投的地名,是位在今日的鹿谷鄉凍頂巷,也是麒麟潭邊的凍頂山,凍頂來源據說因為先民早期普遍窮困、少有鞋子穿,遇寒冬就得「凍著腳尖上山頂」而得名。 主要是以青心烏龍為原料製成的半發酵茶。

製茶過程獨特之處在於:烘乾後,需再重複以布包成球狀揉捻茶葉,使茶成半發酵半球狀,稱為「布揉製茶」或「熱團揉」。凍頂做出的烏龍茶,滋味甘醇濃郁,有明顯的焙火香氣,喉韻回甘強烈,這讓凍頂烏龍有了「台灣茶中之聖」的美譽,也成為優良烏龍茶的代表。

 

「凍頂」とは、台湾南投の地名であり、現在の鹿谷郷凍頂巷に位置し、麒麟潭に隣接する凍頂山にあります。「凍頂」の名前は、早期の開拓者たちが貧困で、靴を持たなかったため、厳しい冬の間、凍った足の指で山頂に登らなければならなかったことから由来しています。凍頂烏龍茶は、主に青心烏龍を原料とし、半発酵茶の一種で、その独特な風味と香りで名高く、高品質な台湾茶の代表的存在として高く評価されています。

製茶工程の特徴は、茶葉を乾燥させた後、布で包んだり丸めたりする作業を繰り返し、半発酵させた半球状のお茶にすることで、これを「布製茶」または「布製茶」と呼びます。 「熱玉練り」。 東定烏龍茶は甘くまろやかな味わいで、独特の焙煎香、のど越しの強い後味が特徴で、東定烏龍茶は「台湾の聖茶」と称され、高品質のお茶の代表格となっています。ウーロン茶。

 

沖泡方式お茶の淹れ方

  • 水量 / 水量:300cc
  • 投茶量 / 茶葉の量:8g
  • 沖泡溫度 / 湯の温度:90-100°C
  • 沖泡時間 / 抽出時間:1〜2分
Shopping Cart